マンション売却にかかる諸費用 - 知ってますか?マンション売却のコツ

知ってますか?マンション売却のコツ
知ってますか?マンション売却のコツ > マンション売却にかかる諸費用

マンション売却にかかる諸費用

マンション売却には思っているよりも諸費用がかかってしまうので、売却金額そのまま手元に残る訳ではありません。
多くの場合は手続きによって費用が発生するので、もし検討しているのならばしっかり頭に入れるようにして下さい。

売却によってかかる諸費用として真っ先に挙げられるのが、仲介手数料です。
仲介した不動産会社に支払う手数料のことで、売買が成立した時に支払われます。
要は成功報酬のようなものなので、いつまでも売れないままとなると支払う必要はありません。
手数料の支払いは痛い所があるものの、「払わないままの状態」を持続することだけは絶対に避けたいものです。

また売却するマンションにローンがまだ残っているのならば、抵当権抹消登記の為の費用がかかります。
ローン一括繰り上げ返済用の資金や、事務手数料も必要となるので必ず準備しておくようにしましょう。
司法書士に支払う報酬も、忘れないようにして下さい。

更に売買契約成立になった時は、契約書に貼付する印紙代(印紙税)も必要となります。
印紙代が幾らかになるのかは契約書に記載されている金額によるので、はっきりと断言することは出来ません。
ただ平成30年3月31日までの間に作られた契約書にかかる印紙代は軽減されるので、今の段階ではそこまで心配することは無いでしょう。

そして忘れてはならないのが、税金です。
購入時よりも高く売れた際には、所得税と住民税がかかるので要注意です。

最終的には、売却金額からこれらの諸費用を差し引いた分が手元に残ります。
損をしない為にも、幾らかかるのか出来る範囲内で良いので計算する様にしましょう。