マンション売却時にかかる税金 - 知ってますか?マンション売却のコツ

知ってますか?マンション売却のコツ
知ってますか?マンション売却のコツ > マンション売却時にかかる税金

マンション売却時にかかる税金

マンション売却の際には諸費用だけでなく、税金もかかってしまいます。
購入ならば致し方ないにしろ、売却する時にも税金がかかってしまうとなると何とも頭が痛くなるような話です。

では一体幾らの税金がかかってしまうのか気になるものの、ハッキリと答えられないのが正直な所です。
何とも曖昧な回答になってしまいますが、税金の金額はこと細かく決められているので、その時になってみないと分かりません。
しかし譲渡所得ならば、売却価格からマンション購入時にかかった費用と売却費用を引けば求めることは出来ます。
そして譲渡所得が分かればかかる税金もある程度は判明しますが、ここにも少し厄介な計算式が待ち受けています。
ポイントとなるのが所有期間です。
売却した年の1月1日時点において所有期間が5年以上であれば「短期譲渡所得」、10年以上であれば「長期譲渡所得」になります。
短期譲渡所得であれば所得税30%・住民税9%、長期譲渡所得であれば所得税15%・住民税が5%かかります。
要は長期間所有すればするほど、税金は抑えられると言う訳です。

ただし税金がかかるのは購入時よりも高く売れた場合であり、安く売れた場合は税金はかかりません。
また条件が整えば特別控除により税金がかからなくなることがあるので、よほど高値で売却されない限りは税金をごっそり持って行かれるということも無いと思われます。
しかし肝心の幾ら税金がかかるかについては、先ほどにも述べた様にケース・バイ・ケースになるので断言は出来ません。
もし不安に感じているのならば、専門家に相談する様にしましょう。