マンション売却時にかかる仲介手数料 - 知ってますか?マンション売却のコツ

知ってますか?マンション売却のコツ
知ってますか?マンション売却のコツ > 売却時にかかる仲介手数料

マンション売却時にかかる仲介手数料

マンション売却は、仲介会社を通して行われるのが一般的です。
この時に仲介手数料(媒介手数料)が発生する訳ですが、一体幾らかかるのかは想像つかないかと思います。
仲介手数料は成功報酬なので売却されない限りは支払う必要は無いものの、ある程度は把握する様にしたいものです。

仲介手数料は法律により上限が決められており、段階に分けて計算されます。
掛け率としては価格が200万円以下であれば5%・200万円以上400万円以下ならば4%・400万円を超えると3%となっています。
例えば3,000万円でマンション売却したとすると、200万円までならば10万円・200万円から400万円で8万円・残り2600万円部分で81万円となり、合計すると99万円かかる計算です。
ただし99万円という数字はかなり大雑把に計算して弾き出したもので、多少前後するかと思います。
詳細については仲介会社まで、問い合わせるようにして下さい。
ただ実際に問い合わせた際におそらく「仲介手数料は3%+6万円」という回答が返ってくるかもしれません。
先ほど述べた内容と全く違うのではと思うかもしれませんが、「3%+6万円」は簡便計算法の数式で多くの仲介会社で採用している方法になります。

ただ必ずマンション売却が出来るという保証は無いので、場合によっては契約が無効になってしまうことも考えられます。
この時に仲介会社から手数料を支払う必要は無いということを覚えておきましょう。
また売りに出す為の広告費に関してもこちらから出費しなくても良いので、安心して頂ければと思います。