税金が控除になる特例 - 知ってますか?マンション売却のコツ

知ってますか?マンション売却のコツ
知ってますか?マンション売却のコツ > 税金が控除になる特例

税金が控除になる特例

マンション売却の際には様々な費用がかかるので、事前に幾らかかるのかだけでも把握だけはしておきたいものです。
ただ仲介手数料であれば計算方法はそこまで難しくは無いので少し知識があればある程度は分かるかと思いますが、税金になるとかなり難しくなります。
特に所得税が一体幾らかかるのかについては、「その時による」としか言いようがありません。
しかしシステムが非常に難しい税金ですが、そこまで難しく考えることは無いと思います。
場合によっては控除されることもあるので、少しでも利益を得る為にも控除についてだけは把握しておきたいものです。

控除による特例は様々ですが、多くは「所有期間が10年超の居住用財産を売却した場合の軽減税率の特例」が適用になるかと思います。
適用される条件としては、現在ご自分が住んでいること・以前に住んでいたマンションで、住まなくなった日から3年後の12月31日までに譲渡した物件等が挙げられます。
ただし他の特例を利用したり、譲渡する相手が配偶者や血縁関係者の場合は適用されないので要注意です。
他にも「居住用財産の3,000万円特別控除」があり、譲渡所得から特別控除として最大で3,000万円の控除となります。
条件としては先ほど紹介した特例と同じように住居として利用していることが条件に挙げられますが、別荘などの一時的な居住場所となると認めてもらえません。

今回紹介した特例は一部にしか過ぎず、他にも条件が合えば受けられる特例はあります。
所得税や住民税が幾らかかるのかはものすごく気がかりでしょうが、まずは特例を受けられるかどうか調べてみては如何でしょうか。